矢ヶ崎どぶろくの里プロジェクト・キャラクター「中の人」オーディション

平成24年6月3日(日曜日) 12:00 より、茅野市民会館イベントスペースにおいて中の人」オーディションを行いました。
公募者35名中、31名の出席をいただき、厳選な審査を行いました。

20120603_001.jpg 20120603_005.jpg 20120603_015.jpg

審査員には、
 茅野市長 柳平 千代一様
 茅野本町区長 平出 金良様
 茅野商工会議所副会頭 松木 修治様
 茅野本町商業会会長 竹村 公一
 矢ヶ崎にごり応援団代表 吉田 佳子
 諏訪東京理科大生 2名
以上7名で、「音質」「演技力」「声量」「熱意」の4項目を採点させていただきました。

参加された応募者も、また審査に携わった7名も、
熱い・・・熱い・・・4時間半を、本気でぶつかり合っていました。

オーディション開場前の準備や審査方法などの説明にも真剣に立ち向かっていました。 
20120603_007.jpg 20120603_014.jpg
オーディション開始直後より真剣な眼差しで応募者の声に聞き入っていました。
20120603_019.jpg 20120603_141.JPG
20120603_142.jpg 20120603_143.jpg
20120603_144.jpg 
いよいよオーデションも最終組の終了です。
20120603_149.jpg 20120603_150.jpg

茅野市長柳平千代一様のご挨拶で締めくくりました。

あっ・・・そう言えば・・・・・
富士見町議会議員の宮下伸悟様が、オーデションのことを聞きつけ見学に来ていただきました。
少しお話をさせていただきましたが、富士見町でも町おこしのために必死に色々なことを模索しているようです。
同じ市内でもないのに、なんとやる気のある議会議員だと感嘆させていただきました。
矢ヶ崎にごりのツィッターもフォローしていただいているようですよ・・・・・
宮下様、これからも「矢ヶ崎にごり」の応援をよろしくお願いします。

で・・・・・
茅野市の議会議員さんは・・・と言うと、誰一人お見えになりませんでした。
ちょっと寂しくもあり、ちょっとガッカリもしました。

でも・・・
茅野市長さんは、長丁場(12時より4時半まで)に渡って忙しい時間を割いていただき、審査に加わっていただきました。
柳平茅野市長さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

審査に参加していただいた審査員の皆様には、ハードなスケジュールを真剣にこなしていただき、プロジェクトのメンバー一同感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

オーディションに応募していただきました皆様には、本気で「矢ヶ崎にごり」のファンとしてのお気持ちが前面に出ていて、プロジェクトとしてこんな嬉しいことはありません。
皆様には、今回のオーディション参加に感謝申し上げるとともに、今後の応援をよろしくお願いいたします。

やむを得ず欠席された方の中には、後にご自分の声を録音して送ってきていただいた方もおりました。「矢ヶ崎にごり」のファンがこんなにたくさんいることにプロジェクトとして気持ちが引き締まる思いです。


茅野市民館のイベントスペース・・・
このようなイベントを行うには最高のスペースでした。親切にご指導をいただいた市民館のスタッフの皆様にお礼を申し上げます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yagasaki.org/mtos/mt-tb.cgi/61

コメントする

ウェブページ

----------------------------------------

----------------------------------------

2015年9月 の カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログ記事について

このページは、家具の倭屋が2012年6月 4日 10:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「諏訪市「高島城祭」の見学に行ってきました。」です。

次のブログ記事は「7月6日にぎおん祭のチラシを折り込みしました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。